小佐井光映 mie kosai


  • 2015年10月
    トータル女性ホルモンバランスプランナー®取得
  • ア口マテラピーアドバイザー(AEAJ)
  • メンタルケア心理士
  • 月経血コントロールヨガインストラクター
  • 産後美人ヨガインストラクター
  • 2016年10月
    バストバランシングトリートメント・バストバランシングセルフケアアドバイザー取得


私の人生を振り返りますと、日常生活に影響を及ぼすほどの激しいPMS(月経前症候群)と生理痛との戦いは、20代前半で患った病気がきっかけでした。病気が完治しても、この女性特有の症状と、ひと月の大半にわたって向かい合わざるをえず、30代前半にこれらの症状を緩和するために服用したお薬の副作用で、私は脳が生理を起こすことを忘れてしまう「卵巣機能不全」を発症しました。その後、脳に生理を起こすことを促すための治療を始めることになりましたが、ここで処方されたホルモン剤も私の身体に合わず、副作用に心身ともに悩まされました。自分の力で生理が起きるようになり治療は終わりましたが、その後も、身体に残る副作用で悩んでいるときに、恩師である烏山ますみ氏のご著書に出会い感銘を受けました。そこで、同氏の考案されたトリートメントを受け、資格を取得しました。トリートメントと日々のセルフケアをする度にお薬の副作用で痛めた体が回復し、乱れていた女性ホルモンが整うようになりました。長年苦しんでいた生理痛とPMS(月経前症候群)も改善され、基礎体温も正常になり、今では生理周期も整った生理が毎月来ています。


女性ホルモンの乱れによる様々な症状に、このトリートメントやセルフケア、食事を含むライフスタイルを整えることがいかに大切なことか、自分の身をもって痛感する毎日です。


また、私が二度の病を通して実感することがあります。それは、人は、ひとりで生きていくことはできず、動植鉱物をはじめとする自然の恩恵を受けながら生かされている存在なのだということです。だからこそ、その自然の恵みに感謝をし、ケア時のトリートメントや芳香浴で使用するエッセンシャルオイルやキャリアオイル、そして、お召し上がり頂くハーブティの力をお借りしながら、皆様のお心とお身体に寄り添わせて頂きたいと思います。


そして、私たちの身体にとって欠かすことのできない女性ホルモンは、私たちの人生のベストフレンド。この最良の友を理解し、最善の状態ではたらいて貰うことこそが皆様の心身を元気にし、皆様らしい人生を輝かせることだと実感しています。


私と同じようにPMS(月経前症候群)や生理痛に苦しんでおられる方をはじめ、女性を取り囲む環境下で心身ともに疲弊し、その結果、女性特有の体調不良や不妊、産前産後で出てくる症状に悩まされている多くの女性の皆様のお身体の中にある、本来持ちうる力が十全にはたらくことができますよう、心を込めてケアをさせて頂きますとともに、皆様の“これから“がはつらつと輝くことを願ってやみません。


To RYLの由来

To RYLとは、To Reflect Your Light-あなたの光を映すために…の頭文字を取ったものです。

あなたの中には、あなたが知っている可能性はもちろん、今はまだ目には見えないけれど、確かにあなたの中に眠っていて、あなたにしか輝かせることのできない輝きがたくさんあると思うのです。その光を映し、あなたが輝く人生を歩んで頂くお手伝いをさせて頂くサロンであり、セラピストでありたいという願いを込めてこの名前を付けました。